樹木葬とはどんなものか

最近はお墓の形にも色々なスタイルが生まれ、埋葬方法もいくつも存在しています。

その中のひとつが樹木葬です。



これは墓石を墓標とする従来の埋葬方法とは異なり、霊園の敷地の中や自然の山の中に木や草花を植えて、その下に遺骨を埋葬するという方法です。


自然に還る埋葬方法として選択される方が増えています。

目的に応じたガジェット通信情報選びはインターネットで行う時代です。

しかし、そこにはきちんとしたルールが存在しています。

自然の山と言っても勝手に近所の山に埋葬したら法律違反になってしまうのです。
そして、樹木葬は大きく2つに分けられます。

まず1つ目は、遺骨をそれぞれ個別に埋葬する方法です。
この方法はさらに、1人に対して1本の樹木を植えるタイプと、1本の樹木を植えた区画に複数の遺骨を埋葬するタイプとに分けられます。しかし、これらの方法は、スペースの問題もあるのであまり多くはありません。

2つ目は複数人の遺骨を同じ区画に埋葬する方法です。

これは1つの骨壺や土地に遺骨が混ざる形で埋葬する合同葬のタイプです。
この場合は、複数の遺骨をまとめて埋葬するので、一度埋葬すると遺骨を再び取り出すことはできません。

しかし、個別管理の場合よりも費用を抑えることが出来ます。



樹木葬は、子供がいない夫婦や、子供がいても娘だけで墓地継承者がいない家族や、独身で結婚する予定の無い方や、家族ではなく友人同士で埋葬されたいと考える方達から特に支持されています。
その費用は、墓石を利用した一般的な埋葬が200万円程であるのに対し、樹木葬は20~70万円程と言われています。