墓じまいの後に手元供養という方法もあります

墓じまいを済ませたら、その後の遺骨をどんな風に納めるかの方法はいろいろありますが、手元供養と言う方法もあります。
自宅に保管しておくことが出来るので、いつでも故人を偲ぶことが出来る方法です。手元供養の方法には、粉砕して自宅に保管する、供養品の中に遺骨を入れて自宅に保管する、あるいは、身につけると言った方法があります。

そのまま保管をする方法は、オブジェに入れたり、小さい骨壷に入れたりします。



一方、身につける方法では、遺骨の一部のかけらをペンダントやリングに納めて身につけます。
故人をより身近に感じられる方法であり、手間もそれほどかからない供養方法というのが特徴ですが、一度紛失してしまうと取り戻すことが出来ないデメリットもあります。

教えて!gooの情報探しはこのサイトから初めてください。

また、身内から家に出向かないと供養が出来ないと非難をされたり、お墓に納骨をしないで墓じまいをしてアクセサリーにするという珍しいと感じられる行為に対して、仏様を粗末に扱っているとの非難が出て来ることもあり得ます。そのためにも、墓じまいの後に手元供養を行うには、身内でも出来るだけ反対されないような環境の方であれば、抵抗なく出来るようになるでしょう。



そもそも、墓じまいをすると言う時点でお墓を守っていくために継承していく方がその判断をするので、それだけ親戚とも付き合いが疎遠になっていたり、親戚がいなくなっていたりするケースが多いので、そのような場合には、適している方法だと言えるでしょう。