自然葬の一つである樹木葬について

墓標に人工物を使用しない自然葬の一つに樹木葬というものがあり、これは墓石のかわりに樹木を墓標とする葬法です。

ペットの為の動物葬では以前からこの方法で行われてきましたが、人間のための樹木葬墓地は1999年に岩手県に登場したのが日本初で、それ以来、いくつかの霊園で行われるようになってきています。



また、場所によっては墓地全体、もしくは一部があてられている場合があります。


樹木葬の種類はいくつかあり、例えば、遺骨を埋葬するたびに新しい苗木を1本植えたり、墓地の中央メインとなる樹木を植え、その周辺に遺骨を埋葬したりするやり方があります。



用いられる樹木は一般に大きくならない低木で、ハナミズキ、サルスベリ、モミジ等があげられ、植樹する地域で生育できる、生態系に悪影響を与えないことなどが考慮されます。墓石などが不必要な為、安価なことも魅力のひとつです。

どんな人にもBIGLOBEニュース情報を見つけましょう。

墓石の一般的な価格は150万円程度なのに対し、樹木葬では安いもので10万円前後で、高くて80万円程度となっています(永代供養料や永代使用料などの費用料は別である場合が多いです)。


しかしながら、死んだ後は自然の大きな循環の中に帰っていきたいという思いを反映できるということが大きな魅力なのではないのでしょうか。今では所在地や口コミ評価を確認できるサイトがいくつかあるので、自分に合ったところを見つけるのもそう難しくはないでしょう。
樹木葬に興味がある人はいくつか覗いてみてはいかがでしょうか。