新しいお墓の樹木葬について

核家族化や価値観の変化によって、お墓に対する考え方も変わってきており、自分が死んだ後、遺骨を土にかえす樹木葬を選択される方が多くなっています。

日本では1999年以降から樹木を墓石の変わりに墓標として遺骨を自然にかえす形の自然葬が広がり、墓地や埋葬等に関する法律に基づいて許可を受けている区画で樹木を墓標とした自然志向的なお墓です。

樹木葬の利点は後継者の心配をする必要が無く、一般的に使用されている墓石と比較して、費用も安く済むなどのメリットがあります。


また、その霊園を管理している団体にもよりますが、基本的に宗派や宗旨を問わないケースが多く、合同法要や掃除も行ってくれますので、お墓を子供や親戚などに管理してもらわなくて良い事が多くの支持を受けている利点です。



しかし樹木葬を行うと遺骨は自然へ還りますので、遺骨を戻す事が出来ないため、親族や高齢者からの理解を受ける事が難しく、事前に話し合いを行い理解を得ないとトラブルになるケースがありますので注意が必要です。



樹木葬に使用されている樹木にはクスノキなどの常緑樹や綺麗な花が咲くハナミズキやサクラ、つつじなどが多く使用されており、このシンボルツリーの区画に沢山の草花が植えられたお墓になっている墓苑が多く、追加費用になるケースが多いのですがプレートなども設置できます。

樹木葬に必要な費用は一般的に約20万円から70万円程度といわれており、墓石の場合は平均で200万円程度かかりますので、費用をかなり抑える事が出来ます。

BIGLOBEニュースのいろいろな情報を集めました。