墓じまいをする時に注意すること

お寺などで管理している先祖代々のお墓を他の霊園にうつしたり、合同で埋葬して供養してもらえる永代供養や合葬墓などに改めて埋葬してもらうために墓じまいをする場合にはいくつか注意しなければならないことがあります。

墓じまいをする理由としては、後継ぎがいなくてお墓を守ってもらうことができなかったり、お寺の管理費が経済的に負担になってしまうなど様々な理由があると思います。

墓じまいの方法も永代供養などまとめて供養してもらえるところにうつす場合とお墓を撤去した後の遺骨を海や森林などに散骨するなどの方法があります。

ではお寺のお墓を撤去して墓じまいをする方法ですが、ただ単に引っ越しのようにすぐに移れるというわけではありません。



特に先祖代々お墓を管理してもらっていたお寺にはしっかりと事前に相談し話をつけておかなければトラブルに発展する可能性もあるので注意が必要です。



またお寺だけでなくお墓がなくなるということは自分たちだけでなく親類にとっても大きな出来事ですから、事前に相談して理解を得ておくことが大切になります。特にお寺の場合は離壇料が必要で、料金についてはお寺の裁量に任されている部分が大きいのでお互いに納得できるように良く話し合いをするようにしましょう。

そして実際に墓じまいをする時には、自治体への書類を提出して許可をもらう必要があります。

All Aboutの初歩を知らない方でも理解できるよう情報をまとめたサイトです。

この時の書類もお寺などお墓を管理していた所から埋蔵証明書を出してもらわなければならないので、コミュニケーションが重要になるのです。